Autonomous Car Security Platform

Cube ブロックチェーンに基づく自動運転車セキュリティ・プ ラットフォーム

自動運転車は VtoV(vehicle-to-vehicle, 自動車間通信)、ナビゲーションルート情報、GPS、その他 運転情報といった無線通信技術に大きく依存しています。自動車メーカーは、自動車内部・外部の状 態について遠隔監視するために、自動運転車に絶えず通信を図ります。これらの様々なネットワーク アクセスにより、自動運転車への悪意ある攻撃のリスクは高まります。Cube はブロックチェーン 技術・AI ディープラーニング・量子ハッシュ化暗号技術を用いて、自動運転車のセキュリティ問題 を解決します。

将来的に CUBE は、7700 億にのぼるとされる自動運転車市場において、ブロックチェーンに基づくセキュリティ分野の初のユーザーとして理解されることでしょう。弊社は、関係企業に、セキュリティ・プラットフォームを提供します。

Whitepaper Download Whitepaper Download

Features

ブロックチェーン・レイヤー

ブロックチェーンの鍵は、信用を保証するテクノロジーです。Cube は自動運 転車ネットワークのセキュリティを保証するブロックチェーン技術を用いてい ます。

自動運転車の作動に際し、多くの IoT が自動運転車に情報を提供します。攻撃 者は、自動運転車と IoT もしくはトラフィックセンター間のネットワークへの アクセスを獲得しようと試みます。このような場合、ウイルスに感染したバイ ナリのハッシュが、ソフトウェア(SW)プロバイダや OEM によって署名さ れたマルチシグネチャを含むハッシュとは異なります。 したがって、自動車は感染したソフトウェア・アップデートをインストールす る前に、このような攻撃を簡単に検知することができます。OEM や SW アッ プデートプロバイダを装った偽のアップデートの配布は消滅するでしょう。な ぜなら、オーバーレイノードが、OEM や SW アップデートプロバイダの公開 鍵を認識しているためです。ゆえに、攻撃者は関連するエンティティの公開鍵 に結び付けられた秘密鍵が求められるため、OEM や SW アップデートプロバ イダを装うことが不可能となります。

AI・ディープラーニング・レイヤー

2 番目は AI によるレイヤーです。このレイヤーは 2019 年より一部実用化され、2020 年より商品 化されます。現在ネットワークのセキュリティは、過去のハッキングで使われた方法を再利用されな いようにパッチを集積するという受動的なものです。

Cube は主要なケースとして過去事例を用い スーパーバイザー・モードで教育、悪意ある攻撃を想定したシナリオを数億回作り出すことで、将来 的に起こりうる攻撃に対する防御システムを構築します。Cube の侵入検知システムは、自動車ネ ットワークセキュリティのためのディープ・ニューラル・ネットワークを用いており、これには以下 の 2 種類があります。

それは識別ディープ・アーキテクチャと生成ディープ・アーキテクチャであ り、どのようにアーキテクチャが利用されるかに依存します。事前訓練段階が完了したのち、教師あ り学習を用いた最急降下法によって微調整が行われます。ブロックチェーンは最初の主要なセキュリ ティ方式として使用される一方、AI ディープラーニングに基づくセキュリティは、二重の防御シス テムを保証します。

量子ハッシュ化暗号レイヤー

ブロックチェーンはハッシュを適切に用いることでセキュリティを改善してきました。しかしなが ら、コンピューターの性能が急速に高まるにつれ、ハッシュ化暗号が限界に近づくという懸念が浮上 しています。Cube は自動運転車に対する悪意ある攻撃を防ぐため、量子暗号を開発してきまし た。この取り組みは単に自動運転だけでなく、ブロックチェーン技術全体のアップグレードにも貢献 します。この量子ハッシュ化暗号レイヤーは 2022 年より応用されます。

ブロックチェーンはハッシュを適切に用いることでセキュリティを改善してきました。しかしなが ら、コンピューターの性能が急速に高まるにつれ、ハッシュ化暗号が限界に近づくという懸念が浮上 しています。Cube は自動運転車に対する悪意ある攻撃を防ぐため、量子暗号を開発してきまし た。この取り組みは単に自動運転だけでなく、ブロックチェーン技術全体のアップグレードにも貢献 します。この量子ハッシュ化暗号レイヤーは 2022 年より応用されます。

CUBE技術の市場適用計画

OTA市場について(2018年以降)

OTA技術は、既存の自動車ソフトウェアを遠隔でアップグレードできる技術です。自動車ソフトウェアは、アップグレードによって性能を向上させ、バグにパッチを当てることができます.CUBEは、既存の自動車ソフトウェアのソフトウェア診断とインストール、バグパッチをブロックチェーンに基づくOTAテクノロジーでリモートに提供します。

自律車両セキュリティプラットフォーム(2019)

2019年のブロックチェーンをベースにした自律型車両セキュリティプラットフォーム技術を販売する計画があります。 2つの主要な販売モデルには、CUBEの技術ライセンスの販売とアプリケーション技術の販売が含まれます。

Market

1.7 Trillion USD
Target Market
  • Current Car Market
  • Autonomous or Connected Car Market
Markets of Autonomous Vehicles and Connected Vehicles
5 year market prediction

The global automotive market is $1.7 trillion.

Over-the-air market is expected to grow

$35 Billion

in the next 5 years.

Next 10 years market

Autonomous car market is $65 billion for next 10 years.

CUBE aims to target

$100 Billion

of this rapidly growing market in the next 10 years.

Road Map

  • 1
    Apr 2018
    Contract Announcement Unveil new automotive and blockchain contracts and partnerships.
  • 2
    May 2018
    OTA Ver 1.0 AUTO device will be released
  • 3
    Jun 2018
    Blockchain Layer Architecture Completion
  • 4
    Jul 2018
    CUBE Conference in Seoul All contributors will be invited
  • 5
    Aug 2018
    Release Study Reports
  • 6
    Sep 2018
    Marketing Conference Online Marketing Progress Report Conference
  • 7
    Oct 2018
    Initial Development of AI Architecture Complete
  • 8
    Nov 2018
    CUBE Conference in Tokyo All contributors will be invited
  • 9
    Dec 2018
    Annual Report 2018 Real Time Online Broadcast

Cube Token Flow

Data Providers

The CUBE token links driving-related information from the car to data consumers who need this information. Drivers generate this information as they drive and receive CUBE tokens in return. CUBE then links it into a blockchain. Data providers can use this to tap into services such as “Over the Air” (OTA), autonomous car security, and mileage insurance services from data consumers.

Data Consumers

Data consumers who need this information will provide their services in exchange of Cube tokens. Automobile generated information, is sent, utilized, and received by all nodes. Data consumers can also provide OTA services and autonomous car driving support information to data providers. This circulation is a key principle of the CUBE token. CUBE’s tech can be applied to different blockchains and improve data security and sharing in various real world situations.

Cube Token Usage Plan

  1. CUBE token owners can receive services at a CUBE affiliates.
  2. These affiliates can be gas stations, car dealers, repair shops, insurance companies, etc., and can provide services such as gasoline discount, vehicle maintenance, vehicle purchase discount, insurance discount, and cash back service.
  3. Information consumers such as automobile companies, insurance companies, traffic information providers can pay cube to individuals and purchase driving related data.
  4. CUBE token owners can become information producers by installing CUBE OTA. Driving information is big data which includes driving records, vehicle condition, fuel consumption and so on.

TEAM MEMBERS

Standing Adviser

Shin, Hun Cheol
  • sk

SK Group total Vice Chairman (former)
SK Ltd. CEO (former)
Miso Microcredit Bank Chairman (former)
Korea Fencing Association Chairman
Seoul City Ochastra Chairman
Shin had served as SK's vice chairman for more than 30 years and had significantly contributed to making SK company a global company.
Shin, Hun Cheol is highly respected by many young people in Korea because of his efforts to contribute to society and his personality. He has also been selected at Forbes as one of the 48 best angel donors in Asia. Mr. Shin joined Cube Intelligence as a Standing Advisor through a solid relationship with Dr.Bong H. Lee started from Green Car business.

Team

  • Bong H. Lee, Ph.D.
    • stanford
    • albany
    • greencar

    Dr. Bong Lee graduated from Stanford AMP, SUNY, and worked for 12 years as a professor. Since then, Dr.Lee has been working as an IT professional in the automotive field for 15 years. He established Xroad and generated $300M USD and is listed on KOSDAQ (Korean stock exchange). More recently, Dr.Lee co-founded ‘Green Car’ car sharing and went on to sell it to ‘KT Kumho Rent-a-Car’. Green Car has gone on to add more than 5,000 vehicles to its fleet and a market cap of over 300M USD.

  • Robert Cooke

      Robert studied Social and Cultural Studies and a Foundation Degree in Anthropology at Goldsmiths University, London. He’s well versed in business development, marketing, start-ups, and consulting for a large Korean corporations. He is now applying these skills with a keen interest focused on the potential of blockchain technology and machine learning, which he believes will revolutionise the way we live and interact with the world.

    • Dr. Jae Sung Lee
      • mit
      • hyu

      2017年にCUBE設立、現在はCUBEのCEOとして全体的な戦略を率いる。医師であり、Green CarプロジェクトからCubeチームに参加。病院で勤務後にCubeに入社。漢陽大学で機械工学を専攻。慶煕大学校医学部で医学修士号を取得、慶煕大学病院で勤務。

    • Kim Bo Seob

      Kim has been deeply engaged in automotive information technology for 15 years, including telematics, black box, and navigation. He has launched numerous successful automotive services and products in the Korean market. He is the general manager of the platform of Lotte Green Car, Korea's first car sharing service, we will successfully lead the business model of Cube based on our abundant experience from initial platform construction to operation.

    • Geon H. Lee, Ph.D.
      • kaist
      • samsung

      延世大学で物理学博士号を取得し、KAISTの脳科学研究所の研究員として勤務。そしてETRIで研究者として働き、三星電子中央研究所の次世代技術チームに15年間勤務。人工知能チームに所属し、現在はCUBEのAI開発を担当。

    • Cho, Sung woo
      • samsung

      Cho was part of the Samsung SDS Cloud Development Team as a developer. He is known as a big data transaction developer, with a deep expertise in the decentralized technologies. His specialties are performing system infrastructure of blockchain projects(CUBE), and designing blockchain application architectures.

    • Cho, Seong-hun

        Seong-hun cho has experience in the industry with deep knowledge of Cryptocurrency Mining. He’s deeply fascinated by cryptocurrency mining and new implementation frameworks, favorite research for mining and private consensus algorithm. He’s a great team player and is happy to share his knowledge with his coworkers..

      • Choi, Moon Sung

          Choi is a Full-Stack Web Developer. He graduated from Ajou University majoring in Digital Media. He was responsible for a lot of public institutions' web development. Rather than take a cushy government job, Choi joined Cube and is now in charge of CUBE’s server development

        • Jeong, JongHyeon

            Jeong JongHyeon is currently working the web, front end, and Android application He is also in charge of improving the responsiveness of the website and other SUBE applications.

          • Ryan Park
            • carnegie

            カーネギーメロン大学でコンピュータエンジニアリング部門を卒業。自律走行車の組み込みシステムを専攻、ブロックチェーンに基づくIOTの専門家。ブロックチェインをベースにしたハードウェアセキュリティ組み込みシステムを担当。

          • Sung Min Park
            • carnegie

            カーネギーメロン大学でコンピュータ工学科を卒業。Bluetail Ltdのブロックチェーンをベースにしたドアロックを開発。現在、CUBE研究所のブロックチェーンネットワークセキュリティとを担当。

          • Balakrishnan
            • periyar

            T分野で12年以上の経験を持つテクノロジーエバンジェリスト。ソーシャルマーケットプレイスでの実績を持ち、電子商取引、デジタルマーケティング、ビジネス開発、新興企業での経験。オープンソースのデジタルマーケットプレイスの設計、開発、実装を支援。ブロックチェーンベースの自律型車両セキュリティの可能性を本当に信じており、分散型経済に向けて活動している。

            Cube Intelligenceでは高い能力を生かしてテクノロジー組織、配備、設計を担当。

          • Ryu Hae Yeon,Ph.D
            • mit

            財務の博士号を取得。スロアンスクール、MITの人工知能研究所で研究。XroadでCFOを勤め、ビッグデータを専門とする企業であるEC MinerでCFOとして勤務。現在はCUBEのCFOとして勤務。

          • Hyesun Lee
            • ucla

            淑明女子大学校で美術を専攻。UCLAでデザインの博士号を取得。CUBEの全体的なデザインを開発。

          • Yoon Jae Song
            • skku

            Samsungがマネージメントに資金を提供している成均館(ソンギュンファン)大学を卒業。ユーザー体験の担当。専門家として、自律型車両のための最も適切で信頼できるプラットフォームの構築に勤める。

          • Hae Won Kwon
            • innov

            視覚デザインを専攻してUX/UIを担当。LGやLotteなどの様々な大企業のプロジェクトを経験。スタートアップ企業のUIデザインを担当し、現在はCubeのUIデザイナーとしてすべてのデザインを担当。

          • Il Man Kong
            • chosun

            Pima CCを卒業。営業担当と人事スペシャリストとして、朝鮮日報、YBM、Mirae Pharmaceuticalsに勤務。

          R&D Team

          • Yoon Young
            • texas
            • toronto

            Dr. Yun is currently a professor of Computer Engineering at Hongik University and is a Research Director at NetcoreTech Incorporated. He has extensive experience in Samsung, IBM T.J, Watson Research Center, and Platform Computing and specializes in distributed systems, middleware, cyber security solutions, and artificial intelligence applications.

          • Jang Hee Su
            • seoul

            Dr. Jang received her Ph.D. in Blockchain research and currently serves as a researcher at the Statistical Analysis Center for Mathematical Infrastructure at Seoul National University.

            She joined Cube's R & D team as a key researcher in Blockchain security and information technology.

          Advisors

          • Gi-Yeon Hwang, Ph.D.

              交通部副大臣、朝鮮自治委員会共同議長を務める。弘大(ホンイク)大学副学長、弘大(ホンイク)大学院長、韓国交通開発研究センター長として勤務。 韓国駐輪委員会委員長。

            • Choong Ke Lee

                Choong Ke Lee is a company law expert with a background in; trust law, asset management, AI regulation and autonomous vehicles. He is a professor and Former Dean of the College of Law at Hongik University. He is also Vice-President of the Law Professors Association and a Ministry of Law member.

              • Ian Scarffe

                  世界中のビジネスにおける起業家、投資家、コンサルタント。有力な起業家として、起業家精神の文化を発展させることに個人的な使命を果たし、新興企業がその潜在力を最大限に発揮し、既存の世界企業を拡大するのを手助けする。

                  Bitcoin、Blockchain、Cryptoの各業界の有力な専門家であり、世界中の金融業界に革命をもたらし、現在さまざまな企業にアドバイスをしている。

                • Dr. Byiung Kun Park
                  • 서울대학교
                  • kaist

                  ソウル大学、韓国のKAISTで教授として勤務。Delphiの主要なエンジニアとしても勤務し、自動車製品システム技術センターを管理。スマートエアバッグ、サスペンション、電動ステアリング、ABS、センサー、EMS-ECU(エンジンマネージメントシステム - 電子制御ユニット)、HVACシステムなどの電子制御自動車部品を開発。

                • Jae Kim
                  • incubator

                  暗号通貨の専門家、ICO顧問、インキュベーター。IndaHashの顧問を務める。Coinmongとして知られる韓国の有名な影響力のあるYoutuber。

                • Jay Kim
                  • icoschedule
                  • icopress
                  • samsung

                  シカゴ大学でコンピューターサイエンスを専攻して卒業。Samsung SDSでソフトウェアエンジニアリングコンサルタントを務め、チームの能力向上のための技術サポートを担当。国市場で最も包括的なICO情報コミュニティを運営。(ICOSchedule.co.kr&ICO Insight.cokr-in the works)

                • Shin Sop Kim
                  • stanford

                  スタンフォード大学院経営大学院とソウル国立大学で学ぶ。大宇研究所の研究員、UBAF銀行のクレジットアナリスト、KDIMのファンドマネージャー、ベンチャーキャピタルを務め、Adval CapitalのCEOに就任し70以上のスタートアップ企業に投資。Innobiz Associationの顧問も勤める。

                • Richard Biggs
                  • abnamro

                  London School of Economicsを卒業。Ernst & YoungでFinancial Advisory Groupアナリスト、多国籍M&A取引のためのデュー・デリジェンスを担当。ABN-Amroでアソシエイト・エクイティ・リサーチャーを務める。

                すでに実現

                Car Telematics Business

                • Developed the car telematics devices in Korea.
                • This devices had been sold in USA, Germany, France, UK, Spain, Singapore, and Australia.
                • 10M units with $300M revenue.
                • Received the “Best Worldwide Automotive Invention Prize” from Frost & Sullivan.
                • Hanover, Germany

                • Tokyo, Japan

                • CUBE, XROAD Chairman Bong Lee, Ph.D.

                Carsharing IOT Platform

                The CUBE team founded ‘Greencar’, at the time, a 700 fleet strong car sharing platform.

                The platform was then sold to Korean-Japanese conglomerate LOTTE. There are now plans for car sharing service to fully adopt CUBE’s security technology to keep its fleet secure sometime in the future.

                • Greencar owns 5,000 cars in Korea

                • Over 10M users

                • CUBE Chairman Bong Lee,
                  Ph.D. founded Greencar

                CUBE Conference

                Dubai
                International Blockchain Summit

                FAQ

                • What is CUBE?

                  CUBE is a British corporation that produces security platform for autonomous vehicles based on blockchain technology. Autonomous cars continuously communicate with various sites to remotely monitor their internal and outside states. These various network accesses increase the risk of malicious attacks on autonomous vehicles. Cube solves the problem of these autonomous vehicles’ security by using blockchain technologies, AI-based deep learning and quantum hash cryptography.

                • Where and how can I use the CUBE token?

                  CUBE token owner can use CUBE token for the payment of gas station, purchasing new car or used car, garage payment, tire exchange, or carsharing payment. CUBE token can be cashed in token exchange market also.

                • How can I get my questions answered by the CUBE team?

                  Please contact info@cubeint.io for additional information or questions. Then CUBE team will be with you as soon as possible.

                • How does autonomous vehicle security system work with blockchain?

                  In the operation of autonomous vehicles, many IOTs provide information to autonomous vehicles. The attacker seeks to gain access to the network between an autonomous car and IoT or traffic center. In such instances, the hash of the infected binary differs from the hash included in the multisig transaction which is signed by the SW provider and the OEM. Thus, the vehicles can readily detect such an attack before installing the infected SW update. Distribution of a false update by claiming to be the OEM or SW update provider could be ceased since the overlay nodes are aware of the Public Key of the OEM and the SW update provider. Therefore, the attacker cannot claim to be either of these entities as it requires the private key associated with the Public Key of the relevant entities.

                • How / where can I check my CUBE Token balance?
                  To check your CUBE Token balance, you need to login into your account and go to Dashboard.

                As Seen On